白内障治療

白内障について

白内障とは

白内障とは、眼の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。眼の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して様々な症状が出ます。ほとんどの場合は老化が原因ですが、アトピー、糖尿病などの全身疾患やステロイド剤を長期間使用した場合に起こることもあります。

白内障の症状

• かすんで見える
• 明るいところへ出るとまぶしく、見にくい
• どんなに調整しても眼鏡が合わない
• ものがぼやけて二重・三重に見える

白内障の進行を遅らせる方法として、点眼薬が用いられます。 しかし、点眼薬では白内障を完治させることはできません。 症状が進行して日常生活に支障を感じる場合には、濁ってしまった水晶体の代わりに人工の眼内レンズを入れる手術を受けていただきます。

手術で挿入した眼内レンズは、ピントを調節する力がありません。そのためご自分のライフスタイルに合わせて、ピントを近くに合わせるか遠くに合わせるかを選んでいただくことになります。
手術を受ける前に、術後の見え方について医師とよく話し合うことが大切です。

白内障の症状

緑内障について

緑内障

緑内障は視神経の病気で、視野が徐々にかけてくる病気です。緑内障で見えなくなった場合、再び見えるようにする治療方法はありません。緑内障の治療は、あくまで“眼圧を下げて、緑内障の悪化を抑えるのみ”で、少しでも見える期間を長くすることです。

緑内障で失明しないようにするためには、できるだけ緑内障を早く発見し、早く治療することです。治療をしていても緑内障が悪化することはよくありますので、定期的に診察や検査を受けることが重要です。年に数回視野検査を行い、視野が悪化してくるようなら、点眼薬を増やしたり変更したりして、極力進行を抑えるようにしていきます。

低侵襲緑内障手術 −MIGS (Minimum Invasive Glaucoma Surgery)−低侵襲緑内障手術 −MIGS (Minimum Invasive Glaucoma Surgery)−

最近の緑内障手術の新しい流れとして、より眼に負担のかからない緑内障手術が提唱され、低侵襲緑内障手術(MIGS)と呼ばれています。

特徴としては、
① 切開の大きさが小さく、縫合もほとんどない
② 手術時間も5~10分程度と眼への負担が少ない

眼圧が高く緑内障が悪化する場合、副作用のため点眼薬の継続が難しい場合、特に白内障手術を受ける際に緑内障点眼薬を減らす効果を期待したい場合などに実施可能です。

当院での低侵襲緑内障手術

線維柱帯を直接切開するために開発されたマイクロフックを用い線維柱帯切開術を行います。線維柱帯とは、いわば目の中の排水溝のような所です。緑内障では、この排水溝が目詰まりし目の中の水(房水)の排出が悪くなるため眼圧が上がりやすくなりますので、繊維柱帯を切開して房水をより排出しやすくします。
線維柱帯がしっかり切開されると、必ず出血を起こします。術後、目の中の出血のために、霞んで見えることもありますが徐々に回復します。当院でもいち早く導入しており、眼圧を下げる効果が認められております。

かなり視野障害が進行した方や、一回の手術で大きく眼圧を下げなければならない方には、より眼圧を下げることが期待できる線維柱帯切除術という手術が必要となります。あくまでもMIGSは早期~中期の緑内障の方に適応となる手術です。

低侵襲緑内障手術
ページトップへ